今季限りでローマからの退団が発表されたダニエレ・デ・ロッシ。動きが激しい欧州サッカーでは、もはや1つのクラブだけでプレーし続けることは難しい。

しかし、もちろん5大リーグでもまだまだプロとしてずっと1つのクラブに忠誠を誓い続けている選手たちがいる。

今回は「プロデビューしたクラブでずっと10年以上プレーしてきた」選手にスポットライトを当ててピックアップした。

リオネル・メッシ(バルセロナ)

リオネル・メッシ

所属:15年目

アルゼンチン出身であるがバルセロナの下部組織で育成され、鮮烈なデビューを飾ってから早15年。サッカー界全体でも貴重なワン・クラブ・マンであり、さらに世界最高のスター選手となった。

【関連記事】Jリーグ限定!「バンディエラ」として君臨する5人を選んでみた

しかもまだ31歳。キャリアの最後はアルゼンチンの愛するニューウェルス・オールドボーイズでプレーするのが夢だそうだが、まだ数年間は「バルサのメッシ」を見られそうだ。