2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出したリヴァプール。ビッグイヤー獲得をかけてワンダ・メトロポリターノでトッテナムと激突する。

そうしたなか、『Sky Sports』は「リヴァプールはCL決勝チケットを転売したファンを出入り禁止処分にしうる」と伝えた。

オンライン上で4万ユーロ(491万円)にまで値上がりしている決勝戦チケットもあるという。

そこで、リヴァプールは声明を発表。偽造チケットである可能性を指摘したうえで、もし転売で利益を得た場合には制裁が科されうると警告したとのこと。

【関連記事】CL決勝で「サプライズ」を起こした5つのチーム

チケット購入不可や、アンフィールドへの無期限の立ち入り禁止という制裁もありうるとのこと。