2022年6月30日にパリ・サンジェルマンとの契約が満了になるキリアン・エムバペ。エースとしてチームの中心的な存在となっている。

先日のナント戦では、こんな驚愕のバックヒールシュートも(動画1:47~)!

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が彼の獲得を狙っているという噂もあり、天文学的なオファーが行なわれるのではないかとも伝えられた。

しかもエムバペとトーマス・トゥヘル監督の関係はそれほど良好ではないと言われ、パリ・サンジェルマンは彼との契約更新を確信できずにいるとか。

しかし『Le Parisien』によれば、パリ・サンジェルマンはなんとかその中でもエムバペを残したいと考え、「ネイマール級」の給与を彼に提示する方針だそう。

クラブは今後数日の間にエムバペの代理人に更新のオファーを送る予定とのことだが…。

すでにクラブ内での存在感はネイマールを上回っているエムバペ。パリ・サンジェルマンのアイコンとしてキャリアを送るか、あるいは…。