IFAB(国際サッカー評議会)は来季2020-21シーズンから変更される、または明確化されるルールを発表した。その主な追加・変更点を見てみる。

▼第10条 試合結果の決定

イエローカードと警告はPK戦には持ち越されない

(説明:延長戦を含めた試合中のイエローカードと警告は、試合の一部ではないPK戦には持ち越されない。よって、試合中とPK戦の両方でそれぞれイエローカードを受けても退場にならない)

▼第12条 ファウルと不正行為

攻撃側の偶発的ハンドは、ゴールや決定機になる直前だった場合だけ反則になる

(説明:攻撃側選手の手や腕にボールが偶発的に触れた後に別の攻撃側選手にボールが渡り、すぐに得点になった場合はハンドの反則。偶発的ハンドの後にボールがある程度の距離を移動<パスやドリブル>したり、ゴールや決定機になるまでに複数のパスがあった場合には反則にならない)

ドロップボール時に4メートル離れることを順守しない選手はイエローカードになる

(説明:FK時などに加えてドロップボール時も一定距離を離れない場合は警告対象に)

ハンド:肩と腕の境界は脇の下と定義される

ハンド:肩と腕の境界は脇の下と定義される

上記図解