大物選手と肩を並べたかった。好きな場所で買い物をしたり、クレイジーな夜を過ごすこともできた。

練習に行くと、ティエリ・アンリというキングが素晴らしい宝石のような車でやってくる。自分に問いかけたよ。『いくら払っても同じ車に乗りたい』と。

ディーラーに行って、書類にサインして、支払の手続きをした。そして、キングと同じ車を手にした。

しかし、2ヶ月以内にその車は返却しなければならなかった。私のお金はすべてこの車に費やされていたよ。

ディーラーで『トヨタをくれ。この車はオレには高すぎる』と言ったんだ。

次に練習へ行った時、ティエリは言ったよ。『君の車はどうしたんだ?』と。私は『アレは自分には過ぎたものだった』と答えた。

アーセナルにいる間は10万ポンド(およそ1300万円)も貯金することができなかったが、人々は私のことを億万長者だと思っていたね。

バルセロナが契約をオファーしてきたとき、どれだけのお金が得られるかを見た。2度考える必要はなかったね。引退した後も妻と子供に落ち着いた生活を与えられると思った。

スポーツディレクターは『あまり多くの試合には出られないだろう』と言っていたが、私はそれに反発しなかったよ。億万長者になれることがわかっていたからね。

私はいつも言っていた。20歳でフェラーリに乗っている奴は貧乏人だと。何も成し遂げていないのだからね。しかし、50歳でベントレーに乗っている人物は尊敬に値する男だ」

【関連記事】大ショック!「残留宣言」後あっさりクラブを去った10名のスター選手

アーセナルでは貯金もできないほどの浪費をしていたため、バルセロナから提示された給与の額を見て即決したとか…。それならば試合にあまり出られなくてもよかったという。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら