ラ・リーガ第33節アトレティコ・マドリー戦で鮮やかなパネンカPKを決めてキャリア通算700得点を記録したバルセロナFWリオネル・メッシ。

この試合ではタッチライン際でこんな魔法テクも披露していたぞ!

うめぇ…。

メッシがタッチライン際でボールを残した直後、DFヘナンがスライディングタックルを敢行。だが、メッシは鮮やかなタッチでボールを浮かせて回避してみせた。

浮かせる高さと回転は完璧。メッシなら朝飯前のプレーかもしれないが、やっぱりすごい…。

【関連記事】日本人もいるぞ!12人の「NEXTメッシ」はどうなった

ただ、試合は2-2の引き分けで終了。キケ・セティエン監督は「我々はますます難しくなってきた。こういう勝点の取りこぼしによって優勝の可能性が遠のく」とこぼしていた。