前半戦ではレッドブル・ザルツブルグでプレーし、チャンピオンズリーグでも輝きを見せた南野拓実。1月のマーケットでリヴァプールへの移籍を決断し、プレミアリーグにやってきた。DAZNが選んだTOP5プレーがこれだ。

ところどころでいい場面はあったが、残念ながらノーゴールでシーズン終了。出場機会も少なく、まだそれほど高い評価を受けていない。

しかし『FOX sports Asia』のインタビューに答えたロベルト・フィルミーノは、南野拓実のことを高く評価していることを明かしたという。

ロベルト・フィルミーノ

「ミナミノはとても、とてもいい人だよ。僕は彼のクオリティとパーソナリティが好きだ。

それはいいことだよ、なぜなら僕は彼とドイツ語で話せるからね。彼はいいドイツ語を喋れるし、僕もそうだ。

とてもいい選手だし、我々にとって素晴らしい存在になっていくと思うよ。チームにとってね」

【関連記事】南野のリヴァプール、「史上初のNIKE」2020-21新ユニフォームを発表!

初めてリヴァプールのプレシーズンの練習を体験してからプレミアリーグを戦う南野拓実。フィルミーノの期待に応えられるだろうか?