多くのサッカー選手が夢に見るUEFAチャンピオンズリーグの優勝。だが、スター選手でもビッグイヤー獲得を成し遂げられなかった者たちがいる。

元ブラジル代表FWロナウドもそのひとりだ。

世界最高のストライカーとして活躍したものの、クラブレベルではCLでもコパ・リベルタ―ドレスでも優勝できず。

『Globo』によれば、その2大タイトルを獲得できたのなら指を斬り落としてもよかったとジョーク交じりに語ったそう。

元祖ロナウド

「あの2つの大会を優勝するためなら、小指2本を差し出しただろう。

ひとつはリベルタドーレス、もうひとつはチャンピオンズリーグさ。

クルゼイロかコリンチャンスで(リベルタを)、インテルかレアル・マドリーで(CLを)優勝したかった。

僕はこの素晴らしい2つのトーナメントでプレーした。全てのタイトルを獲得した選手はほとんどいないよ。僕はリベルタとCLで優勝することができなかった」

ブラジル代表として2度のFIFAワールドカップ優勝を経験したロナウド。ただ、クラブでは最後まで大陸制覇を成し遂げられず、今でも悔いがあるようだ。

【写真】「CLで優勝したことのない選手」で組む世界最強のドリームチーム

なお、本日1月30日に行われる2020年のリベルタ決勝はパウメイラス対サントスというブラジル勢同士の対決になった。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】