今季限りでリヴァプールを退団することが決定していたオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム。

【動画】シーズン最終節、CL出場権を賭けたクリスタル・パレス戦で活躍したワイナルドゥム

先日まではかつての恩師であるロナルト・クーマン監督率いるバルセロナに移籍すると言われていたが、最終的にはフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンに加入することが決定した。

ワイナルドゥムの代理人はバルセロナへの加入を目指して2週間前からジョアン・ラボルタ会長と2度に渡って会談を行っていたという。

また、その他にもドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンも獲得に関心を持っていたと伝えられていた。

ところが、最終的にワイナルドゥムはマウリシオ・ポチェッティーノ監督が率いているパリ・サンジェルマンへの移籍を希望し、フランスでキャリアを続けることを決めたとのこと。

ジョルジニオ・ワイナルドゥム

「パリ・サンジェルマンに加入することは自分にとって新しい挑戦だ。ヨーロッパで最高のチームの一つに参加し、この野心的なプロジェクトに夢を託し、責任感を持って臨みたい。

このクラブは数年間優れた能力を証明してきた。サポーターとともにさらなる高みを目指すことができると確信している」

契約期間は2024年までの3年間となっており、もちろんフリーエージェントなので移籍金は発生していない。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら