UEFAチャンピオンズリーグ決勝でリヴァプールと激突するレアル・マドリー。

守護神に君臨するのは、ベルギー代表GKティボー・クルトワだ。

身長2メートルを誇る彼は両親も姉もバレーボール選手であり、バレーボール一家で育った。『Universo Valdano』のインタビューでこんな話をしていたそう。

ティボー・クルトワ

「(バレーボールによってゴールキーパーに導かれた?)

100%そうだね。子供の頃はバレーボールをやっていたし、家にビーチバレーのコートもあった。ダイビングするのが好きだったんだ。

ヘンクでは全てのポジションで試された後、ドイツでの大会でGKとしてプレーしてみないかと言われた。

1年後にもサイドバックよりもGKとして見ていると言われたんだ。それで自分のポジションを見つめ直したのさ。

(世界最高のGK?)

そうだね、最高のなかのひとりだ。自分が一番最高かは、世間が決めることさ。

超ハイレベルなGKは5~10人ほどいて、シーズンには“瞬間”がある。0-0や1-0でのセーブはより価値があるものさ。

数か月前には自分がトップ10にすら入っていないレビューがあったね。

(足元の技術の成長)

ヘンクではもっと後ろからつなぐプレーしていた。

アトレティコ・マドリーとジョゼ・モウリーニョのチェルシーではロングボールが多い異なるスタイルだった。

ただ、自分は足元がダメだったことは一度もない」

ヘンクでは全てのポジションでプレーした後に何度もGKを勧められたそう。その結果、サイドバックからの転向を決めたとか。

【動画】これはすげぇ!守護神クルトワ、メッシを絶望させた鬼神セーブ

足元が洗練されている印象はないが、本人的には苦手意識はないようだ。