スマホやタブレットから映像を送る際に必要なものは「Google Home」というアプリ。

接続が完了すると、スマートフォンで『DAZN』を使用した際、右上にChromecastのアイコンが出現する(※右上の黄色い○)。

DAZN

これを押して該当のデバイスにキャストすると…

DAZN

このようにテレビに映像が映し出される。

ノートPCからキャストする場合、以前はGoogle Chromeに拡張機能を入れる必要があったが、Chrome 51以降はその必要がなくなった。

Chromecastによる視聴は、設定してしまえばとても簡単。Wi-Fi環境が一つの壁にはなるが、逆にそれさえあれば、テレビで手軽にJリーグの試合を観ることができる有力な視聴方法の一つだ。

ちなみに、『DAZN』視聴における「推奨環境」はこちら。

以前よりも詳細にいろいろ記載されている。

インターネット通信環境
・標準画質(720p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、5.0Mbpsです。
・HD画質(1080p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、9.0Mbpsです。

モバイルデータ通信および衛星インターネット接続は、一般に有線LANでのインターネット接続より速度が遅くなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

推奨される回線の速度はこんな感じ。インターネット回線の契約について考えている方はこの数値を参考にすると良いだろう。

ぼくらの大好きなJリーグ。誕生から25年目を迎え、世代的にほぼ一回りした格好だが、知らない魅力はまだまだきっとたくさんある。『DAZN』とともに新たな一歩を踏み出した今シーズンは、それを知るチャンスとなるはずだ。

これまで通りの興奮、そして“気づき”を与えてくれるきっかけとして、今後のJリーグ放送に大いに期待していきたい。

Promoted by DAZN

【外部リンク】DAZN 公式ホームページ