フィリペ・コウチーニョ

フィリペ・コウチーニョ リヴァプール

最も物議を醸すであろう名前であるが、どうしたって彼については必然性があると感じる。

コウチーニョがアンフィールドを出るという感覚は、夏にバルセロナからの誘いがあってから、マージーサイドに漂っている。

この25歳のブラジル人は、ルイス・スアレスの足跡を辿ってカンプ・ノウへと行きたいように見えるし、移籍を強要したいという意思も公のものだ。

リヴァプールは少なくとも彼が抜けたあとのことを考えただろうし、早い間に後釜を探しにかかったはずだ。

スアレスのとき、アレクシス・サンチェスを獲り損ね、リッキー・ランバートとイタリアから来た例の男で失敗したのだから。

ナビ・ケイタの獲得はすでに決めた。次はトマ・レマールでコウチーニョの想像力を置き換えるかもしれない。資金を使って守備を強化することもできるし、スターリッジの後釜も用意できるだろう。