今冬Jリーグにやって来そうな選手をピックアップする「Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手・2017冬」、第2回をお届け(第1回はこちら)。

今回は従来のピックアップ方法に加えて昨年痛感した最新のJクラブの移籍トレンドも踏まえ、“やって来そうなオーラ”のある選手ばかりをセレクトしたつもりだ。

選びに選び抜いた総勢18名。今回は残りの8名を紹介!ぜひご覧ください。

ビクトル・アジャラ

Víctor Hugo Ayala Núñez
国籍:パラグアイ
ポジション:MF
年齢:29歳
所属: フリー ※前所属:アル・ナスル・リヤド (KSA)

縦・横回転のどちらにも対応できる右足を持ち、CKやFKなどで多くのチャンスを創り出すパラグアイ産の技巧派ボランチ。パラグアイ代表としてもこれまで18試合に出場。2016年に行われたコパ・アメリカのコロンビア代表戦でゴールを決めている。

ビクトル・アジャラ

クラブレベルでは昨シーズン、アルゼンチン1部リーグのCAラヌースからサウジアラビア1部リーグの名門アル・ナスル・リヤドへ移籍金180万ユーロ(約2億4000万円)で完全移籍。攻守の要として期待され20試合6ゴールの成績を残した。しかしクラブは今シーズン「より前線で活躍できる外国人選手を」との意向で元全北現代のブラジル人MFレオナルド(31)、トッテナムなどに在籍経験のある元エジプト代表MFホッサム・ガリ(35)らを獲得。アジャラは外国人枠の煽りを受け、現在“飼い殺し”の状態にある。

現在Jリーグにはエドゥアルド・アランダ(32)、ホルヘ・サリーナス(25、いずれも千葉)の2名のパラグアイ人選手が在籍中で、その技術の高さと戦術眼で一定の評価を築いている。またサウジアラビアのクラブで“飼い殺し”されていた選手としては清水のFWチアゴ・アウベス(24、アル・ヒラルからローン移籍中)がおり、彼の能力の高さも既にJで実証済み。試合勘の不足がやや気になるものの、ゲームの主導権を握るためのカードとして今冬にJクラブが獲得に乗り出すかもしれない。

【Jに来るかも知れない度】★★
【Jで活躍するかもしれない度】★★★★

【次ページ】22歳のKリーグNo.1 GK!