先月、アルビレックス新潟から田中亜土夢が加入したことで話題を集めたフィンランドの名門HJKヘルシンキは2日、元日本代表FWハーフナー・マイクの獲得を発表した。

194cmの長身FWハーフナー・マイクは現在27歳。ヴァンフォーレ甲府に所属していた2010年にJ2で得点王に輝きクラブをJ1昇格に導くと、翌年J1で17ゴールを記録しベストイレブンに選出。その活躍により日本代表へ初選出され、2012年1月には両親の祖国オランダへ渡りフィテッセと契約した。

フィテッセでは2012-13、2013-14シーズンと連続で公式戦2桁ゴールをマークするなど、在籍2シーズン半で83試合26ゴールを記録した。しかし昨シーズン途中から調子を落としたこともあり、ブラジルW杯のメンバーには落選しクラブも同シーズン限りで退団。昨年7月、42年ぶりに1部昇格を果たしたスペイン・コルドバへ加入したが思うような結果を残せず、出場機会を失っていた昨年末に契約を解除していた。

HJKヘルシンキは現在国内リーグ6連覇中で優勝27回を数える同国一の名門クラブ。ハーフナーと田中は2007年U-20W杯でのチームメイトであった。ハーフナーとHJKの契約は今年8月までとのこと。