今季、マンチェスター・シティからリヴァプールへと移籍したイングランド代表MFジェームズ・ミルナーがメルウッドでの初練習に参加。リヴァプールでの背番号も決定した。

ミルナーの新背番号はケヴィン・キーガン、ケニー・ダルグリッシュ、そしてルイス・スアレスらがこれまで背負ってきた7番に決まった。それについて、ミルナーはこのように語っているそう。

「シティでは7番だったけど、リヴァプールのようなクラブでならスカッドのどんな番号だってつけられる。その番号はかつてそれを背負った素晴らしい選手たちによって満たされていることだろう。

このクラブにとって7番が特別な番号だということは分かっているし、うまくいけば僕もこのクラブにとって特別な選手になれる。

でも、僕が言ったように、このクラブの歴史における成功からすると、スカッドリストのなかからどんな番号だって選べるし、それは特別なユニフォームを着ることになる」

つまりどんな番号を選ぼうとも、それはこれまで偉大選手たちが背負ってきた番号になるということを強調しているようだ。そして、そのなかから愛着があり、スアレス退団後“空き”になっていた7番を背負うことに決めたということだと思われる。

ただ、ミルナーがチョイスしたというような表現は使われておらず、クラブとしてこの番号を割り当てたともされている。