武藤嘉紀が移籍したニューカッスルを率いるスペイン人のラファエル・ベニテス監督。

彼はこれまでバレンシア、リヴァプール、インテル、チェルシー、ナポリ、レアル・マドリーなどを指揮してきた。

ここでは、『Telegraph』による「リヴァプール時代のベニテスの最高の獲得ベスト5」を見てみよう。

ベスト5:ディルク・カイト(オランダ人FW)

ディルク・カイト

当初、ストライカーとして獲得されたカイト。ベニテスによって右サイドのアタッカーにコンバートされ、チームに成功をもたらした。

その勤勉さとエネルギーによって、アンフィールドで多くのファンを獲得するなど愛された。

ベニテスの秘蔵子として、指揮官のユヴェントス行きが噂された際にはカイトもイタリア行きが浮上した。