PSGが誇る最強3トップ、エディンソン・カバーニ、キリアン・エムバペ、ネイマール。

だが、3人のパス交換率には大きな差異があることが判明した

さらに、『L’Équipe』によれば、カバーニはピッチ内だけでなく、ピッチ外でも孤立している可能性があるようだ。

今夏の移籍マーケットで、ハビエル・パストーレ、ジョバニ・ロ・チェルソ、ユリ・ベルチチェらスペイン語を話す友人たちが退団。そういった状況にあることから、サポートもなく孤独を感じているという…。

また、自分や味方のゴール、そしてチームの勝利にこれまでのような喜びを見せることもなくなってきたとも。一方、ネイマールとエムバペは関係良好で互いのゴールも喜び合っているというが…。