いよいよ今夜、クラブワールドカップ2018に日本の鹿島アントラーズが登場!準々決勝で北中米カリブ王者のチバス・グアダラハラ(メキシコ)と対戦する。

クラブワールドカップのメキシコ勢といえばクラブ・アメリカ、パチューカ、モンテレイが思い浮かぶが、チバスはこれが初出場となる。彼らは一体どんなクラブなのだろうか?

国民に愛されるクラブ

チバス・グアダラハラ

チバスはメキシコ国民から最も愛されるクラブであり、過去の統計では人口の28%にあたる約3500万人がファンであるという。

国内リーグの優勝回数12は宿敵クラブ・アメリカと並んで最多。2部に降格したことがなく、国際舞台でも北中米を2度制覇し、ゲスト参加したコパ・リベルタドーレスで2005、2006年と2年連続でベスト4に入った実績も。

近年メキシコ国外で最も成功した選手であるチチャリートはチバス生え抜きの選手で、カルロス・ベラもアーセナルに引き抜かれる前はチバスに在籍していた。