4位 マーカス・ラッシュフォード

マーカス・ラッシュフォード

21歳、マンチェスター・ユナイテッドFW

ジョゼ・モウリーニョ退団後、彼は蘇った。退屈な守備的戦術とおかしな起用法は過去の話になったのだ。

スールシャール新体制において、ラッシュフォードはゴールを量産している。それ以前とは比較にならないほどに。

もしユナイテッドがより大胆なスタイルでプレーしていたなら、どれほど彼が成功していたかを考えるのは怖いことだ。とはいえ、新監督のもとで彼は最高のシーズンを送ることになるかもしれない。

3位 ジェイドン・サンチョ

ジェイドン・サンチョ

19歳、ドルトムントFW

彼はなんて凄い選手になったのだろうか。ブンデスリーガで定期的にプレーできるようになり、その秘めたるポテンシャルが露わになった。

このウィンガーは紛れもないアシストマシーンだ。イングランド人が最も活躍しているプレミアリーグを見ることに慣れた多くのイングランドのファンたちの興味を惹きつけている。

サンチョの大成功は絶賛されており、ブンデスで彼に追い付けるDFは皆無だ。