残り1節となったプレミアリーグ。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝に進出したトッテナムだが、ここにきて3連敗と調子を落としている。

1-0で敗れた第37節のボーンマス戦ではソン・フンミンが一発退場になった(以下動画2分~)。

『Sky Sports』によれば、トッテナムはソンの退場は不当だとして控訴を行ったようだ。

現在4位のスパーズは最終節エヴァートンと戦う。この試合でソンを起用できることを期待して、処分について争う姿勢を明確にした模様。

現状では3試合の出場停止となり、来季の開幕2試合にも出場できない見込み。

【関連記事】 「トッテナム、この夏に獲得するかもしれない6人」

スパーズ側はレッドカードと3試合の出場停止は過度だと考え、火曜日午後1時までに控訴を行ったとのこと。