20日に行なわれた日本代表との試合で2-2と引き分けたウルグアイ代表。常にリードを奪われる展開の中でなんとか追いつくことに成功したが、終盤の攻勢時にゴールを決められなかった。

エースの一人であるルイス・スアレスは前半にPKを決めたものの、その後は沈黙。大きなチャンスを何度か迎えたが、シュートはことごとく僅かに枠を外れていった。

『El Observador』によれば、スアレスは試合後以下のように話し、ミスが非常に高く付いた試合だと語ったという。

ルイス・スアレス

「彼らは多くのクオリティを持った相手だった。我々をよく押し込み、こちらのミスを利用して2つのゴールを決め、アドバンテージを取ってきた。

彼らはとても速い。クオリティが高いし、上手く試合を読んでいた。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカに選ばれなかったことが「不可解」な3名

我々のほうがチャンスは多かったが、それを結果に繋げられなかった。普通以上にいいプレーはした。

苦々しい感覚が残っているよ。2つのミスがあり、2つのゴールを決めたということ。この種の試合では、このようなミスは非常に高くつくものだよ」