チェルシーを構想外になり、バーンリーにローン移籍した元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター。

クラブで泥酔した彼はナンパによって暴行事件に巻き込まれ、足首の靭帯を痛めたと伝えられている。

4週間ほど離脱する見込みとされており、ローン期間が来年1月までである彼とバーンリーにとっては大打撃だ。

『Skysports』によれば、バーンリーのショーン・ダイチェ監督は、ドリンクウォーターと面談する予定だという。

週明け月曜からリハビリを始めるドリンクウォーターは、この日の朝に指揮官と今後について話し合う見込み。

ダイチェ監督は彼の振る舞いに懸念を抱いているものの、直ちにローンを打ち切って返却する考えはないとも。

また、ドリンクウォーターと定期的に連絡をとっているチェルシーもすでにこの件を把握しているとのこと。