新型コロナウイルスの影響による中断があった2019-20シーズンの欧州5大リーグは全日程がようやく終了した。

スペインでは中村俊輔や西澤明訓もプレーした名門エスパニョールが最下位で2部降格となっている。

マジョルカの久保建英はそのエスパニョール戦でこんなプレーを見せた(以下動画3分50秒~)。

このプレーは無念…。

【関連記事】「凄い選手がいたのに…まさかの降格を味わった10のケース」

そのエスパニョールは公式声明で今季の降格はやめるように求めた。

新型コロナの影響を受けた再開後は全てのチームが平等な条件ではなかったなどと主張。covid-19による財政的打撃に加え、降格まで重なると壊滅的なものになり、不公平だとしている。

再開後の状況や、いくつかのクラブが不当性や解決策の欠如を訴えたことを考慮して、スペインサッカー連盟が主催する全てのリーグで降格を破棄するよう求めた。

なお、スペイン3部と4部リーグは今季の降格なしが決定している。