このインターナショナルマッチウィークでフランスU-21代表に合流していたMFマッテオ・グエンドゥージが、新型コロナウイルスに罹患したことが明らかになった。

今季グエンドゥージはアーセナルからドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンに貸し出されたばかりだった。

幸運にもグエンドゥージ自身に症状はなく、ヘルタ・ベルリンの選手やスタッフとも接触がなかったとのこと。

今後グエンドゥージは10日間の自己隔離を行った後に再検査をし、陰性になった時点でチームに再び合流することになるようだ。

欧州ではこのところ再び新型コロナウイルスの感染者が増加しており、外出や集会への制限が強化されるようになってきた。

【関連記事】「アーセナルでプレーしたブラジル人」最高の5名と最悪の5名

ユヴェントスのDFウェストン・マクケニーも新型コロナウイルスに感染したことが発覚しており、サッカー界でも再び問題が拡大しているようだ。