現在ユヴェントスに所属している元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンが、珍しい事件で処分を受ける可能性が高いそうだ。

『Daily Mail』によれば、事件が起こったのは12月20日に行われたパルマとユヴェントスの試合中だそう。

【動画】ロナウドが2ゴールを決めたパルマ戦

4-0でユヴェントスが勝利を収めた試合であるが、その中でジャンルイージ・ブッフォンは、MFのマノーロ・ポルタノーヴァを相手に「Porco Dio!」という言葉を発していたという。

これは「神は豚だ」という意味のスラングで、イタリアではかなり危険なワードとして知られる。これが「冒涜法」という法律で禁止されているものだ。

冒涜法は2010年に導入されたもので、これまでも何人かのサッカー選手がこの法律に抵触したことで罰則を受けている。

イタリアサッカー協会はこの件について調査を行い、火曜日にイタリアの連邦裁判所にその結果を報告したそうだ。

なお、これによってブッフォンは1試合の出場停止処分を受ける可能性が高いとのこと。