バルセロナのジョゼップ・バルトメウ前会長らが逮捕された事件はサッカー界に衝撃を与えた。

この件についてジョゼップ・グアルディオラ監督が言及した。『EL ESPAÑOL』によれば、古巣で起きた「バルサゲート」事件についてこう述べたという。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「心地いい状況ではないことは分かっているし、全てがうまく終わることを願っている。

裁判官が有罪と言うまでは彼は無罪だ。

私が唯一憂慮しているのは、1週間以内に新たな会長が決まるということだ。

私にとっての世界最高のクラブ(であるバルサ)を牽引できる会長を選ぶ投票に多くのソシオが参加できることを願っている。

日曜の会長選を楽しみにしている」

当然ではあるが、まだ推定無罪だと語っていたという。

【動画】ペップも愕然…メッシがシティ相手にやった伝説の無慈悲プレー!

なお、バルトメウは現地火曜に保釈されたようだ。