開幕が間近に迫ってきたEURO2020。スペイン代表のメンバーにレアル・マドリー勢がひとりも選ばれなかったことが話題になった。

そうしたなか、アーセン・ヴェンゲル氏は『beIN SPORTS』でこんな話をしていた。

アーセン・ヴェンゲル

「私は人生でずっとレアル・マドリーを追ってきた、幼い頃からね。

信じられないよ。ビッグトーナメントのスペイン代表にレアルの選手がひとりもいないなんて。アンビリーバブルだ。

ルイス・エンリケ監督の問題だとは思わない。(スペインが)現在抱えている問題だ、この2,3年で起きたものだ。

レアルは弱体化している、バルセロナも弱体化している、スペイン代表も弱くなっている。

ただ、個人的にスペインを大いに賞賛している、それも忘れてはならない。

私が見たなかで唯一主要トーナメントを3大会連続で支配したチームだからね。EURO2008、2010年W杯、EURO2012とね。それまでには見たことがなかった。

だが、それ以降はシュ~…と落ち込んでしまった」

かつてはサッカー界を牛耳っていたスペインだが、その後はW杯でグループステージ敗退を味わうなど苦しみも味わった。

【動画】元Jリーガーコンビ!トーレスとビジャ、スペイン代表での電撃弾

ヴェンゲルから見ても、スペイン勢は一時期よりも弱くなっていると感じているようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら