不調に喘ぐバルセロナを尻目にラ・リーガを首位で折り返したレアル・マドリー。

『Marca』によれば、1月の移籍市場では数人の選手を放出する可能性があるとのこと。

主な候補者は、イスコとギャレス・ベイル。ともに契約は来年6月末までとなっているが、カルロ・アンチェロッティ監督は2人を重視しておらず、クラブも契約を更新する見込みはない。

【動画】“孤高の天才”イスコ、レアルでの超ゴールまとめ

一方、マルセロも契約が今シーズン限りとなっているが、レアルは去就についての彼の意思を尊重する構えだそう。