0-0のスコアレスドローに終わったリヴァプールとアーセナルとのカラバオカップ準決勝1stレグ。

フィルヒル・ファンダイクとガブリエウ・マルチネッリが激突したこんなシーンも話題になった。

激しい接触の後、倒れ込んだマルチネッリを見て、思わず笑みを浮かべるファンダイク。

よく見ると、マルチネッリは自ら相手に突っ込んでいる…。あわやのシーンだったが、カードは提示されていない。

この日のアーセナルは前半24分にグラニット・ジャカが一発退場になり、かなりの時間帯で数的不利を強いられた。

【動画】退場王ジャカ、リヴァプール戦での一発レッド“キック”シーン

フル出場したマルチネッリは試合終了後に思わずピッチに倒れ込んだほど。

そんな疲労困憊のマルティネッリを抱き起していたミケル・アルテタ監督は「(ジャカの退場後)マルチネッリ、ロコンガ、サカの3人で中盤を組んだが、彼らは人生で一度もこのフォーメーションでプレーしたことはなかった。だが、フォーメーションは関係ない。今日は選手たちの姿勢と判断力の高さが全てだった」と讃えていた。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら