エリック・テンハフ新監督のもとで復活を目指すマンチェスター・ユナイテッドだが、ブライトンとのプレミアリーグ開幕戦に1-2で敗れてしまった。

本拠地オールド・トラッフォードで屈辱の敗戦を喫した後、キャプテンのハリー・マグワイアはこう述べている。

「前半終了時点で0-2とありうるなかで最悪のスタートになってしまった。

試合序盤はよかったし、優勢だった。

だが、先制されるとひどく打ちのめされ、それ以降はプレーを止めてしまった。

先制された後は相手にボールを与えすぎた。悪夢のようなスタートになってしまった」

実際、0-2で終わった前半終了時点でスタジアムにはブーイングが鳴り響いていた。

【動画】屈辱のユナイテッド…開幕戦前半時点での大ブーイングシーン

また、テンハフ監督も「まず、私が失望していることは確かだ。この教訓を生かさなければいけない。ボールを持った時にもっとうまくやれたはずだが、あまりにも簡単なミスが多すぎた。やってはならない失点だった。ブライトンはいいチームだが、我々はもっとうまくやるべきだった。簡単な2失点を与えるべきではなかった」と述べていた。