バイエルン・ミュンヘンの主力選手の一人、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ。

初出場したカタールワールドカップでは日本に敗れるなど悔しい思いをしたものの、昨季リーグ戦では全試合に出場。チームトップの14ゴールをあげてブンデスリーガ11連覇に貢献した。

そのニャブリが、シーズン終了後のオフに日本を訪れ、川崎フロンターレの練習場で自主練習を行ったことが大きな話題に。

完全にプライベートでの来日だったようで、日本を満喫したあと帰国し、改めてバイエルンの一員として今回来日している。

そんな彼の“親日ぶり”がはっきりと出た写真を、29日に開催されるブンデスリーガジャパンツアー2023 Audi Football Summit「川崎フロンターレvs FCバイエルン・ミュンヘン」を主催するスカパー!が紹介した。

前日会見に出席したニャブリ。彼の足もとを見ると…なんと日の丸柄のサンダルを履いている!

これは日本人でもなかなか履かないやつ…。9月には再び日本代表と対戦するはずのニャブリだが、本当に日本が好きなようだ。

【関連記事】バイエルンが「同リーグのライバルから引き抜いた」すごい選手たち

29日の川崎戦では背番号7をつけた彼のプレーにも注目したい。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名