本日5日からいよいよベスト4の戦いが始まる2014-15シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。6日にバイエルン・ミュンヘンをホームに迎えるバルセロナは4日、大一番恒例のモザイク・アート(コレオ)をカンプ・ノウで行うことを発表した。

そのデザインがこちら。

「1992」「2006」「2009」「2011」という過去4度のCL優勝年とともに浮き上がった、「We are ready」のフレーズ。優勝に向けた意気込みを感じさせる一方、若干気になるのがスタンドの色だ。

アスルグラナ(青とえんじ)はもちろんバルサのクラブカラーだが、 今季のユニフォームを見ても分かるようにバイエルンにとっても赤と青のストライプは馴染みのあるカラー。

バイエルンの選手やファンも意外に居心地は良いかも・・・(メインスタンド側はカタルーニャ国旗カラーの黄色と赤になる様子)。