シリアとの親善試合、イラクとのワールドカップ予選を控えている日本代表。

ここでは『Transfermarkt』を参考に、今回招集された26人の日本代表選手の市場価値を調べてみた。

▼日本代表選手の市場価値(昇順)

GK 川島 永嗣(34歳/メス):25万€(3,109万円)

MF 加藤 恒平(27歳/ベロエ):30万€(3,731万円)

MF 今野 泰幸(34歳/ガンバ大阪):45万€(5,597万円)

DF 三浦 弦太(22歳/ガンバ大阪):45万€(5,597万円)

MF 井手口 陽介(20歳/ガンバ大阪):65万€(8,084万円)

GK 中村 航輔(22歳/柏レイソル):80万€(9,950万円)

DF 宇賀神 友弥(29歳/浦和レッズ):90万€(1.1億円)

MF 倉田 秋(28歳/ガンバ大阪):125万€(1.5億円)

DF 昌子 源(24歳/鹿島アントラーズ):130万€(1.61億円)

GK 東口 順昭(31歳/ガンバ大阪):135万€(1.67億円)

FW 宇佐美 貴史(25歳/アウクスブルク):150万€(1.8億円)

MF 山口 蛍(26歳/セレッソ大阪):150万€(1.8億円)

MF 遠藤 航(24歳/浦和レッズ):150万€(1.8億円)

DF 槙野 智章(30歳/)浦和レッズ):200万€(2.4億円)

FW 浅野 拓磨(22歳/シュトゥットガルト):200万€(2.4億円)

DF 酒井 宏樹(27歳/マルセイユ):250万€(3.1億円)

DF 酒井 高徳(26歳/ハンブルガーSV):300万€(3.7億円)

FW 原口 元気(26歳/ヘルタ):300万€(3.7億円)

FW 乾 貴士(29歳/エイバル):300万€(3.7億円)

FW 大迫 勇也(27歳/ケルン):350万€(4.3億円)

FW 本田 圭佑(30歳/ミラン):350万€(4.3億円)

FW 久保 裕也(23歳/ヘント):350万€(4.3億円)

DF 吉田 麻也(28歳/サウサンプトン):400万€(4.9億円)

DF 長友 佑都(30歳/インテル):430万€(5.3億円)

FW 岡崎 慎司(31歳/レスター):800万€(9.9億円)

MF 香川 真司(28歳/ドルトムント):1300万€(16.1億円)

最も評価額が高かったのは、香川。日本代表の10番は他を圧倒するような値となっている。

一方、ここにきて評価を上げているのは、やはり久保。ベルギーへ移籍する前の昨年末時点では、200万ユーロだったのだが、そこから半年で1.5倍に価値が跳ね上がっている。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら