先日大きな話題になったのが、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードに男たちが忍び込んだ事件だ。

6月5日の早朝にフリーランナーの4名の男性が侵入し、屋根に登ったりピッチに降りたりするなどの行動を行った。

それに対してマンチェスター・ユナイテッドは非難の声明を発表。その日に行われたマイケル・キャリックの表彰試合を中止に追い込む危険があったと指摘した。

アーセナル戦ではスタジアムツアーに訪れていた2名の学生が行方不明になったり、爆弾騒ぎがあったりと、このところセキュリティの問題に悩まされているマンチェスター・ユナイテッド。さらに頭の痛い事件に遭遇することになった。

そして、この行動を起こしたフリーランナーらがYoutubeに投稿した映像がこちら。

どうやって侵入したかという一部始終が収められているのだが、なんと壁にかかっているケーブルを伝って登っている!そして屋根の端を歩き、スタンドへと降り、ピッチにまで…こいつはクレイジーだ…。

彼ら「都市の登山家」はこれまでもSNSでこのような侵入動画を投稿しており、ヒルトンホテルやメルキュールホテルなど警備が厳しい場所を破ることも得意としているという。くれぐれも真似をしないように。


>>マンチェスター・ユナイテッドに関する記事一覧はコチラ

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら