8日に行われたJ2リーグの第31節、ファジアーノ岡山対京都サンガF.C.の試合でとんでもないゴールが決まっていた。

前半23分、岡山の長いボールで裏に抜け出した仲間隼斗が、ゴールキーパーと接触しながらヘディングで合わせる!

シュートは右ポストに当たって弾かれるも、ボールは倒れて回転した仲間隼斗の足にヒット!ゴールに決まったのだ。

おそらくボールは見えていたと思うが、倒れていたところに偶然こぼれてくるところが「持っている」!

今季は30試合目の出場で11ゴールとなった仲間隼斗。昇格の可能性もまだ残しており、これからさらなる活躍も期待だ。