先週から行われてきたインターナショナルマッチウィーク。各クラブの選手たちが自分たちの国に戻り、代表チームでの戦いに臨んだ。

特に様々な国のスター選手が集まるプレミアリーグの強豪クラブでは、レギュラーからサブまで多くのメンバーが旅をすることとなる。

ではプレミアリーグの6強(マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナム、アーセナル、リヴァプール)の中で最も移動距離が長かったのはどこか?『Daily Mail』が計算していたぞ。

  1. マンチェスター・シティ:5万6333マイル
  2. トッテナム:4万8256マイル
  3. リヴァプール:3万7765マイル
  4. チェルシー:3万7592マイル
  5. アーセナル:2万7842マイル
  6. マンチェスター・ユナイテッド:2万955マイル

最も長かったのはマンチェスター・シティ!やはり南米の選手が多いこともあり、ヨーロッパからの移動距離はダントツだった。

なお、最も長い移動を行ったのはマンチェスター・シティのGKクラウディオ・ブラボで、一人で1万2792マイルを旅したとのこと。

ちなみに、インターナショナルマッチウィーク明けの過去10試合における平均勝点は以下の通りだそう。

  1. マンチェスター・シティ:平均2.6点
  2. アーセナル:平均2.3点
  3. リヴァプール:平均2.1点
  4. トッテナム:平均2点
  5. チェルシー:平均1.7点
  6. マンチェスター・ユナイテッド:平均1.6点

なんと最も長いマンチェスター・シティが1位!一方マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーはかなり苦手にしている様子である。