東京オリンピック予選も兼ねていたAFC U-23選手権。日本がまさかのグループステージ敗退となった大会で優勝したのは韓国だった。

韓国は6戦全勝となったが、サウジアラビアとの決勝戦は延長にもつれ込む激戦に。前半にはチョン・ウヨンに決定機が到来するも…(以下動画30秒~)。

フリーだったところにクロスが流れてきたのだが、シュートはまさかの枠外。

20歳のチョン・ウヨンは17歳時点でバイエルン・ミュンヘンが獲得した逸材だ。現在はフライブルクが保有しており、今回の韓国で唯一の欧州組でもあった。

この日は45分で交代になるなど今大会無得点に終わったが、キム・ハクボム監督は「まだ若いし、大きなポテンシャルがある」と期待しているそう。