偽造パスポートで入国したとしてパラグアイ当局に逮捕された元ブラジル代表ロナウジーニョ。手錠をされて連行されていくこの姿はショッキングだった。

この姿を晒す必要はあったのか…。

『Globo』によれば、弁護側は3度目となる保釈要請をしたものの、当局から拒否されたという。これにより、ロナウジーニョは兄アシスともに拘留され続けている。

また、当局は新たに8人を訴追し、これまでに14人が訴追されたという。そのなかで、唯一逃亡しているのが、2人のパラグアイ入りを手配したビジネスウーマンのダリア・ロペス。

『ABC』によれば、女の自宅を捜索した当局はこんな物を大量に発見したという。

ロナウジーニョの顔がプリントされたボール!その数は6,000個にもなるとか。さらに、この顔写真は偽造パスポートに使われたものと同一だそう。

大量の資料も押収した当局はダリア・ロペスの会社も捜索したが事件に関連するものは見つからなかったという。