現在イタリア・セリエAのブレシアに所属しているFWマリオ・バロテッリ。今回彼はファビオ・カンナヴァーロとのInstagramライブで色々な質問に答えていた。

『VP』などのメディアが伝えたのは、ズラタン・イブラヒモヴィッチとのエピソード。

彼とバロテッリは2006年にインテルと契約して同僚となり、3シーズンともにプレーした。クラブは彼らが共演した2008-09シーズンの全ゴール集を配信している。アドリアーノやマンシーニも懐かしい…!

バロテッリは今回イブラヒモヴィッチと対面したときのエピソードを以下のように話したそう。

マリオ・バロテッリ

「小さな頃から僕はイブラヒモヴィッチを尊敬していた。

だけど彼は、僕に『トップチームでオレと一緒に練習することはないだろうな』と言ったんだ。『君はここでプレーできるほど良くはないぜ』とね。

しかし、彼はそれからしばらくしてミーノ・ライオラ代理人のところに行き『彼に目をつけた方がいいぞ』と伝えていたんだ。自分よりも上手いからとね」

10代のバロテッリに一発ガツンとかましたイブラヒモヴィッチ!当時はもちろん彼も24歳だったわけで、なんともイブラらしい…。