今夏、開幕を前にして7名もの新型コロナウイルス陽性者が発生したPSG。しかもネイマールやアンヘル・ディ・マリア、マルキーニョスら中心選手が罹患している。

また先日にはキリアン・エムバペが代表合宿中に陽性反応を示し、そのままチームを離脱するということも。スウェーデン戦でゴールを決めたばかりだったが…。

1分~に左サイドから強引に仕掛けてそのままシュート!角度なしのスーパーゴールだった。

そんな彼も陽性になったということで、PSGの管理問題がにわかに取り上げられるなか、『Mirror』によればスポーツディレクターを務めるレオナルド氏は協会に対して強烈な怒りを見せたという。

レオナルド

「我々の選手が新型コロナウイルス陽性になったことを、メディアの報道を通して知った。それは受け入れられるものではない。

彼ら(フランスサッカー協会)は声明を発表し、選手を家に送り返した。しかし、協会の誰も我々に連絡しなかった。誰もだ。

確かに彼は家に戻った。それをエムバペから我々は聞いた。

誰がマネージメントしているんだ?PSGに誰もが忠告しようとするよ、管理がおかしいとね。

しかしこれが起こったとき、問題を知らなくても、管理をしなければならないのはPSGの方だ。我々は常に悪者にされている。

クラブとコミュニケーションを取らないことは敬意の欠如だ。エムバペ本人としか話していない。

我々は圧力をかけなければならない。受け入れられるものではないよ」

【関連記事】「2020年代にサッカー界を支配する」ヤングスター10名

エムバペが陽性となったのならば、まず所属クラブに連絡をすべき…と協会に怒りを見せた。あらゆる点でPSGが悪者にされているとも。

7名もの中心選手が抜けたままPSGは、今週末RCランスとの試合を戦う予定となっている。どのようなメンバーで臨むのかが注目される。