アントニオ・カッサーノ

「母親は清掃員だった。そして、僅かなお金しか受け取っていなかった。家族は1日3000~4000リラ(およそ210~280円)で食べていた。

母はとても大きな犠牲を払っていたよ。彼女は学校に通ったこともなく、イタリア語もうまくは話せない。

僕はストリートでプレーした。狭い路地でプレーしたよ。

誰であろうが、最も大きなお金をくれるもののためにプレーした。彼らは大金をくれる人に見えたね。何故かといえば、僕は誰より上手かったから。

僕にはお金がなかった。そんなものは人生で見たこともなかった。『僕を選べ、勝たせてやる』と言って、毎日路上でプレーしたよ。少しのお金のためにね。

チャンスは常にサッカーにあった。その時得られる2000リラ(およそ140円)は、多かれ少なかれ僕に大きな違いをもたらした。

17歳で、人生の全てを変える試合があった。僕を裕福に、そして有名にしてくれた。

サッカーは美しい。奇跡が起こった?そうだね。何度も奇跡をくれたよ」