2017シーズン、ついに悲願の初タイトルを手にした川崎フロンターレ。天皇杯とACL、さらにはYBCルヴァンカップで喫した敗北を糧に、J1でリーグ史に残る逆転劇を成し遂げた。

鬼木達監督は就任1年目での優勝。キャプテンの日本代表FW小林悠は得点王に輝いただけでなくリーグMVPも受賞した。

今オフは大久保嘉人、齋藤学らを獲得。リーグ連覇を目指す彼らの新ユニフォームを遅ればせながら紹介したい。遅れた事情も合わせて…。

Kawasaki Frontale 2018 Puma Home

川崎フロンターレ 2018新ユニフォーム

リーグ優勝を表す星がついた、川崎の2018シーズン新ユニフォーム。

ホーム(1st)は、2001年から2008年まで着用していた「ツートン」を採用。川崎はクラブ創設20周年を迎えた2016シーズン、ホームにクラブ創設時の「ストライプ」、カップ戦モデルに2009年の「スラッシュ」を採用したが、それら以上にクラブの歴史の中で長い期間着用していたのがこの「ツートン」である。

クラブとサポーターにとって想い入れの強いデザインだろう。

川崎フロンターレ 2018新ユニフォーム

青の部分は、クラブとして積極的に行っている地域活動やプロモーション活動の取り組みを「優しさや安心感」として表現。黒の部分は、チームが持つ「力強さ」を表現しているという。

川崎フロンターレ 2018新ユニフォーム

つまり、片方だけではなく両方を突き詰めて、バランスの取れた、強くて楽しいクラブを目指すという意志が込められている。