レアル・マドリーへの移籍が噂され続けているチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール。

『Telegraph』によれば、今季のプレミアリーグにおいて、彼は24分ごとにファウルを受けているという。激しい戦いのなかで、相手チームからマークされ削られるのが常になっている。

本人も自分が徐々に“すり減っている”ことを認めた。

エデン・アザール

「自分が“摩耗”してきたと感じているよ。プロとして10年以上もプレーしているからね。

僕は27歳だ。歳を取り始めているので、より自分の体をケアしなきゃいけない。チェルシーに来てからヨガをやっているよ。

(相手からターゲットにされているのは)嬉しくない。でも、それもフットボールだ。

レフェリーは自分の仕事をしようとしているし、僕は僕の仕事をしようとしている」