サッカー映画の祭典、ヨコハマ・フットボール映画祭2019の開催が近づいてきた。

ヨコハマ・フットボール映画祭2019

2011年にスタートした“YFFF”(Yokohama Football Film Festival)。横浜の地で歴史を積み重ねながら、日本サッカーと日本の映画文化に新しい風を吹き込んできた。

9回目となる今年は、2月16日(土)と17日(日)に横浜市開港記念会館で開催。

『プライドinブルー』、『MARCH』の中村和彦監督が電動車椅子サッカー選手の生き様を綴った大注目の新作ドキュメンタリー映画『蹴る』など、サッカーにまつわる様々な映画が今年も上映される予定だ。

そこで、今回のヨコハマ・フットボール映画祭で上映される作品を予告編とともに一気に紹介したい(※上映順。カッコ内は上映場所)。

冷たい汗

2月16日(土) 11:00~(講堂)

ピッチの上の女たち

2月16日(土) 13:10~(講堂)

オール・オア・ナッシング ~マンチェスター・シティの進化~

2月16日(土) 14:20~(9号室)

※映画祭では、リヴァプールとの対戦を前に、調子に陰りが生じたチームへのグアルディオラの立て直しのアプローチが注目されるエピソード3と、シーズンのクライマックスに、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、そして自分たち自身との戦いに挑み、リーグ史上初の偉業に向かってばく進する姿を捉えたエピソード7、8を一挙に上映。

蹴る

2月16日(土) 15:20~(講堂)

ボールを奪え パスを出せ/FCバルセロナ最強の証(あかし)

2月16日(土) 18:05~(講堂)

MARIO

2月16日(土) 18:10~(9号室)