唐突な質問となるが、※内田(山崎)昂輔というプロサッカープレーヤーのことをご存じだろうか。

彼のプロキャリアは立命館大学卒業の大分トリニータでスタートしたが、2シーズンで契約満了となり、(当時JFL)FC琉球を経て、モンテネグロのFKグルバリで海外挑戦。以降も様々な国を渡り歩き、現在はミャンマーリーグのヤンゴン・ユナイテッドでプレーしている。

この記事が配信される12日夜にはACLプレーオフ二回戦(タイのチェンライ・ユナイテッドとの対戦)が行われ、この試合に勝利すれば、次戦で挑むのはサンフレッチェ広島だ。

本選出場を掛け、昨季Jリーグ2位のクラブと日本人選手が在籍するクラブが対峙…ファンならずとも注目すべき一戦と言えるだろう。

ヤンゴンユナイテッドとの契約を延長し、ミャンマーでの2シーズン目を迎える

これまでの彼の道のりは決して順風満帆なものではなかったかもしれないが、目標と真摯に向き合い、そして確実に歩を進める彼の生き様から何かを感じ取って頂けると幸いだ。

インタビュー・文:カレン

写真提供:内田昂輔

※なお、現役中に登録姓名を内田から山崎に変更しているが、今回のインタビュー内では内田としている。


前回までのインタビューはこちらから

vol.1

vol.2

カレン(以下、太字――):プロに入った後にこれまでと違うポジションでプレーすることは、サッカー選手では日常茶飯事だとは思いますが、これまで経験のないポジションでのプレーに苦戦はしなかったのですか?

内田昂輔(以下、省略)「見え方の違い」は感じましたね。

ビルドアップの時も景色が違いますし。当時は韓国人のCBと組むことが多かったんですが、彼は「行くぞ、パス出すぞー」って構えから僕に素直にパスを出してくるんです(笑)

それでは相手にモロバレなわけで、当然、相手も僕を狙ってくる。「どうしよう、これは地獄だ…」と悩みましたね(笑)

逆にキクさん(菊地直哉)、藤田ヨシくん(藤田義明)なんかは、ハマりそうだったら、フェイントで相手を外したりしてくれるので優しかったです。

━━サイドバックというポジションに手応えを感じ始めたのは?

どうでしょう…。始めはサイドハーフで試合に出られるようになったので、徐々にですかね。

でも、すぐに足首をやってしまったんです。内側も外側も同時にやってしまって、そこからはなかなか大変でした。負傷後も歩けないことを誤魔化していたんですが…。

━━いわゆる「騙し騙し」でのプレーに?

はい。毎試合注射を打ってもらってました。

ただ、シーズンが終わった時に限界が来て、ジョギングするだけでも違和感が出始めたんです。それで手術を決断し、次のシーズンは棒に振りました。