あのフィル・ネヴィルの息子ハーヴィー・ネヴィルが「マンチェスター・ユナイテッドとプロ契約を結んだ」とInstagramで発表した。

ハーヴィー・ネヴィルは今年18歳になる選手。フィル・ネヴィルが父親、ギャリー・ネヴィルが叔父という強烈なサラブレッドだ。マンチェスター・ユナイテッドの血が流れている…ような存在。

ただ、意外にも彼はマンチェスター・ユナイテッド純粋な生え抜きではない。

彼も元もユナイテッドのジュニアにいたが、2013年からはマンチェスター・シティのアカデミーに所属。後に父フィルがコーチに就任したバレンシアへと移籍した。

そこではなんとコーナーキックを直接決めるというゴールを決めたことも!

これは見事…!

その後2018年にバレンシアを離れると、ようやく16歳で父の古巣マンチェスター・ユナイテッドに復帰するということになったのだ。

そして、ポジションも実はもともとは中盤の選手だったが、後に父や叔父と同じくサイドバックに転向するという経験をしているそう。

また代表についても面白い経験をしており、選んだのは母の出身地であるアイルランドのユース代表。U-19のカテゴリで国際試合を戦っているのだ。

【関連記事】ベンダー兄弟、再結成!一緒のクラブでプレーした「双子選手」たち

なんとも面白いキャリアを歩んできたハーヴィー、来季はユナイテッドのリザーブチームで戦う可能性が高いそう。もしトップチームに入ってくることがあれば、大きな話題を集めそうだ。