レアル・マドリーから古巣トッテナムにローン移籍したギャレス・ベイル。

故障によりまだ再デビューは果たせていないが、すでに練習ではキレのある動きを見せている。

『football.london』によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督はこんな話を明かしていたそう。

ジョゼ・モウリーニョ

「ギャレスとの最初の会話で聞いた質問のひとつは『好みのポジションは?』というものだった。

最も重要なのはチームだが、選手も大事だからね。

私はこの質問から始めたかったし、彼はそれに答えた。

彼が常にそのポジションで起用されるということではない。

最も大事なのはチームであり、彼はチームが必要とするポジションでプレーする。

ただ、彼は右サイドが好きだと断言していたよ」

そのベイルは練習中にバスケットボールのシュートを決めて、ドヤ顔でポースを決めるシーンもあったぞ。

ゴルフ好きとして知られるベイルだが、バスケもいけるとは。ファンたちは「Gareth Jordan」などと反応していた。

【関連記事】 レアル・マドリーで「キャリアを急落させた」12名

トッテナムは週末にウェストハムとのダービーを戦う。