列強クラブが関心を寄せているレンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ。

来夏以降にレアル・マドリーが18歳の彼を獲得するのではないかと噂されている。

『L'Equipe』によれば、そのカマヴィンガはエージェントを変更し、ステラ―・グループと契約したとのこと。

同グループにはギャレス・ベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏らが所属している。

バーネット氏は「我々がエドゥアルド・カマヴィンガの公式な代理人だ。彼の家族が私と我がエージェンシーを信頼してくれたことに感謝する。エドゥアルドにとって最善になるように取り組んでいくことを楽しみにしている」と述べたという。

【写真】レアル・マドリーで「キャリアを急落させた」12名

『Marca』によれば、レアルの下部組織にはバーネット氏が代理人も務める若手選手たちが複数おり、同氏はベイル以外にもレアルとの関係があるとのこと。