今夏のマーケットでユヴェントスからマンチェスター・ユナイテッドに復帰したクリスティアーノ・ロナウド。36歳になるにもかかわらず、世界でもトップクラスのフィジカルを維持し続けているスターだ。

その私生活はあまりにもストイックであると言われており、ユナイテッドの選手たちが彼の食事を見て「デザートを一切食べなくなった」とも伝えられている。

そんな彼のエピソードについて明かしたのが、かつてのドイツ代表選手であり、バイエルンの会長も長く務めていたルンメニゲ氏。

『Bild』によれば、ユヴェントス時代のクリスティアーノ・ロナウドと対面したときに面白いエピソードがあったという。

カール=ハインツ・ルンメニゲ

「彼はとてつもない怪物だ。36歳で、20年間このレベルでプレーしているんだ。その上半身はまるでギリシャ神話の神アドニスのようだ。

私は、彼がユヴェントスでプレーしていたときのことをよく覚えているよ。

彼がドアの後ろで立っていて、両手を上げていたんだ。だから『何をしているんだい?』と聞いたんだ。

そうすると、彼は『練習しているんだよ。次のゴールを決めたときのパフォーマンスをね』と答えたよ』

【写真】イケメン爆発!C・ロナウド、デビュー以降の「髪型変遷」がこれ

多くのゴールを決めてきたクリスティアーノ・ロナウド。そのたびにパフォーマンスも行うわけだが、それも練習の賜物だったようだ。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら