マンチェスター・ユナイテッドでプレーしているイングランド代表DFハリー・マグワイアは、現在多くの批判を受ける立場となっている。

キャプテンを任されながらも継続性のないプレーが見られ、ミスやパフォーマンスの低さが指摘されている。

ブレントフォード戦で敗北してからはしばらくスタメンから外されるなどチーム内での序列も下がっており、イングランド代表でワールドカップに出場できるかどうかも微妙だ…という論説も。

しかし、かつてイタリア代表で長く中心的なディフェンダーとして活躍したジョルジョ・キエッリーニは『Times』のインタビューで以下のように話していたという。

【動画】アメリカで見せたキエッリーニの伝説ハンド

ジョルジョ・キエッリーニ

「ハリー・マグワイアの状況は悲しいものだね。彼はいい選手だよ。

マンチェスター・ユナイテッドは、マグワイアにあまりにも多くのことを要求しすぎているよ。

クラブは彼を獲得するために8000万ポンドを支払った。しかし、そのために彼はすべての試合で世界最高の存在で在らなければならないのか?それは違う。

市場価値というものは、選手がコントロールすることができない多くのものに依存しているんだ。これは誰の責任でもないよ。

マグワイアとストーンズはいいコンビだ。マグワイアはリオ・ファーディナンドではないかもしれないが、十分に優れた選手だよ。

彼が標的になっている状況は、イングランドのために役立たないものだよ。ワールドカップを制覇したいのなら、キープレーヤーが問題を持っていては不可能だ。

マグワイアはイングランドのキープレーヤーの一人であることは間違いないからね」